大阪のSEO対策会社

ローカルSEOの必要性と対策まとめ

SEO対策

2015.09.28


実店舗の集客を行うならローカルSEOが必要不可欠!

スマートフォンのGPS機能や、Googleマップなどの地図情報サービスの普及により、「ユーザがいる場所の近くにあるお店」として検索結果に表示させるローカルSEOの必要性が注目されるようになりました。

今回は「ローカルSEOとは何か?」という基本を含め、ローカルSEOに活用できる便利なツールやWEBサービスをご紹介していきます。

ローカルSEOとは?

ローカルSEOとは、「その地域に根差したビジネスであることをユーザに知らせるためのSEO」です。

GPS機能付きのスマートフォンが普及した近年では、「自分が今いる地域」に存在している飲食店や販売店などが検索しやすい時代となりました。

この機能は「この近くに美味しいラーメン屋さんはありますか?」という簡単な質問で表示される仕組みとなっているため、検索エンジンが収集する情報の中に盛り込まれるように、「自社の情報」を掲載する必要があるのです。

「お客様に見つけてもらうこと」を重視するローカルSEOは、インバウンドマーケティングに繋がる大事な取り組みになると言えるでしょう。

NAPマネジメントを重視する!

NAPとは、「Name(お店の名前)」、「Address(お店の住所)」、「Phone(お店の電話番号)」という3語の頭文字を取った略語です。

インターネット上に存在する全てにコンテンツに、NAPを表示することが、ローカルSEOの第一歩になると考えられています。

またNAP情報の中には、「番地表示」や「電話番号のハイフン表示」、「店舗名の正式名称・略称」という部分で統一されていない記載もありますので、検索エンジンロボットが戸惑うことのないように「正しいNAPに統一すること」を心掛けた方が良さそうです。

ローカルSEOでは、「サイトを見る人間の目」以上に「検索内容をサーチするロボットの目」を重視することが必要となりますので、まずは自社の正式名称や正式住所などを定めた上で、他の施策に移るべきと言えるでしょう。

事業内容を明らかにする!

ローカルSEOを行う際には、「何をやっている会社なのか?」・「何を得意とする会社なのか?」という事業内容の部分を明確にする必要があります。

例えば「ラーメンを売りにしている中華飯店」を営んでいるケースでは、「ラーメン店として登録した場合」と「中華飯店として登録した場合」では検索エンジンから集まってくるお客様の層が大きく変わってきてしまうのです。

「ロングテール(すそ野の広い)集客」と考えれば、ラーメン店、中華飯店、餃子の専門店という形で、いろいろなキーワードで企業情報を登録した方が良いかもしれません。

しかしローカルSEOの場合は、「お客様が食べたいもの」で絞り込まれる仕組みを重視するため、「何でも屋」とも言えるお店は検索エンジンが紹介するおすすめから省かれる傾向が高くなってしまうのです。

ページ内にもエリア情報を盛り込む!

エリアとページの最適化も、ローカルSEOを行う上で大事な作業となります。

ビジネスビジネスエリア毎にランディングページを用意すれば、実際に店舗を利用するお客様の情報源としても活用できます。

titleタグ内にエリアキーワードを設置することで、サーチエンジンの目に留まりやすくなりますので、見えないところであっても気を抜かずにローカルSEOを施すようにしてください。

またサイト内に地図情報を保有しているサイトは、検索ロボットとお客様の両方に良心的なサービスとなりますので、ローカルSEOの一環として取り組んでみてください。

Googleマイビジネス

Googleマイビジネスは、従来のGoogleプレイスやGoogle+、YouTubeなどのアカウント情報が統合されたWEBサービスです。

マイビジネス内に掲載する情報を「NAP」と定義すれば、担当者によって異なる誤記なども防げるメリットが得られます。

ローカルSEOを行う際には、Googleマイビジネスの設定が必要不可欠となりますので、まずはNAPをきちんと登録することから始めてみてください。

https://www.google.com/business/

フェイスブックページ

ローカルSEOを行う際には、Facebookページ内の「ページ情報」に正しいNAPを記載するようにしてください。

Facebookページでは、「会社の詳細」や「商品・サービス」の記入もできますので、「何を販売しているお店なのか?」という部分からローカルSEOに繋がる記載を行うようにしてください。

また営業時間をきちんと入力することで、「営業中・準備中」などのステータスが表示されるようになるため、Facebookページはこれから来店してくださるお客様への案内看板としても活用できそうです。

まとめ

ローカルSEOを強化するには、多くのユーザが利用する「食べログ」や「ぐるなび」、「エブリタウン」なども活用も有効な策となります。

さまざまなところにNAPを記載することで、「検索エンジンとお客様が見つけやすい仕組み」が整っていきますので、新たな集客法としてぜひ挑戦してみてください。


  • facebook
  • twitter
  • googleプラス

おもしろ

[ よく読まれている記事 ]

お客様のWEB サイトを確認させて頂いた上で、最適な方法をご提案しております。
また、現状の改善案だけでなく、数年先を見据えた方向性もフェーズにわけて具体的にご提案致します。