大阪のSEO対策会社

ロングテールSEOの魅力とは?

SEO対策

2015.11.06


ロングテールSEOの攻略で絶大な効果を上げよう!

ロングテールキーワードを使って、コツコツと良質なコンテンツを作り続けているサイトは、Googleからペナルティを受けることもなく、安全に検索エンジンの上位表示ができるようになります

またロングテールキーワードを多用していると、次第にビッグキーワードやミドルキーワードの部分での上位表示もできるようになるため、結果としてサイト全体に好循環が生まれるのです。

今回は、そんな「ノーリスク、ハイターン」とも言えるロングテールSEOの効果や方法などのお話をしていきますので、コンテンツマーケティングに興味のある方は、ぜひチェックしてみてください。

 

ロングテールSEOとは?その効果とは?

ロングテールSEOは、すそ野が広く検索数の低い複合キーワード(ロングテールキーワード)を使って、より幅広いユーザを獲得する、SEO攻略手法のひとつです。

コンバージョン率の高いサイトでは、アクセスの8割がロングテールキーワードから集まっているため、検索数が500以下の小さなキーワードに着目することで、安定性の高い効果が得られると言われています。

またサイトの規模が大きくなればなるほど、ロングテールキーワードによる流入率が高まる傾向がありますので、たくさんのお客様に訪問してもらえるコンテンツを作る際には、ロングテールSEOの考え方が必要不可欠になると考えて良いでしょう。

 

ロングテールSEOは検索エンジン攻略のカギ!

ロングテールキーワードを使って地道に良質なコンテンツを作っていると、次第に検索エンジン上位に表示されるキーワードが増え、サイト全体のアクセスが増えていきます。

またロングテールSEOを実施しているサイトは、ミドルキーワードやビッグキーワードでも上位表示となる傾向があるため、結果として「底力のある土台のしっかりしたコンテンツ」が積み重なっていくのです。

この手法を中心にコンテンツマーケティングを実施していけば、従来型の「被リンク+ビッグキーワード」といった順位しか気にする毎日から卒業できることでしょう。

大事なのは順位ではなくアクセスアップ+問い合わせ数アップです。

 

まずはシンプルな構造でサイトを構築しよう!

ロングテールSEOを行う際には、

・TOPページ

∟2階層目(カテゴリー一覧等)

∟3階層目(詳細ページ)

の3階層でサイトを作るのが理想となります。

サイト構造が4階層、5階層になってしまっているサイトは、クローラーによる巡回が上手くいかないことで、インデックスされにくい傾向にあります。

従って、ロングテールSEOを始める際には「クローラーが回りやい3階層構造」を心掛けるようにしてください。

 

ロングテールSEOはキーワード選定から始まる!

ロングテールSEOは、どのような関連するキーワードがあるのかをまずはリストアップする作業から始まります。

TOPページで使われるビックキーワードは、サイト全体のテーマになる存在です。

カテゴリーページで使われるミドルキーワードは、「ビックキーワード+α」という複合キーワードとなりますので、一定数の需要があるものを設定するのが理想と言えるでしょう。

ロングテールSEOのメインとなるロングテールキーワードは、よりニッチなキーワードを考えるようにしましょう。

例)SEO対策会社の場合

TOPページ:SEO対策

2階層目:ロングテールSEO

3階層目:エステ ロングテールSEO

 

コンテンツを書く際の注意点!

・他サイトの文章をコピーする

・1,000文字以上は書く

・記事タイトルに対する回答を明確に書く

・段落は100文字程度のまとまりで空ける

まとめ

Googleがコンテンツの質だけでサイトの評価を行うようになった今の時代は、ロングテールSEOによって地道な運営をすることが、スムーズな集客に直結すると言ます。

ロングテールキーワードによって土台が築き上げられたサイトは、多少のGoogleのアップデートでは崩れない存在となりますので、「良質なコンテンツを作ること」を常に頭に入れて制作を行うようにしてください。


  • facebook
  • twitter
  • googleプラス

おもしろ

[ よく読まれている記事 ]

お客様のWEB サイトを確認させて頂いた上で、最適な方法をご提案しております。
また、現状の改善案だけでなく、数年先を見据えた方向性もフェーズにわけて具体的にご提案致します。